「む」漢方処方

【漢方む】
 

無礙丸料《三因極一病証方論》
「莪朮1両、三稜1両、大腹皮2両、木香5銭、檳榔1分、生姜」
《衛生宝鑑》郁李仁有り。今之に従い特効あり《勿誤薬室方函口訣》
◎此方は脾気横泄と云うが目的似て、腹中に伏梁の如き堅塊ありて脹満し四肢浮腫をなす者に効あり。《勿誤薬室方函口訣》
◎もし此の症にて虚候ある者は「変製心気飲附子」or「復元丹」《三因極一病証方論》を与えるべし。



 無極丸《東醫寶鑑》
「錦紋大黄4両、1両は酒で煮て、1両は醋で煮て、1両は童便で、1両は塩水で煮ること各7回、再び合わせて7回蒸し、7回晒して粉末にし当帰・熟地黄各1両半を濃く煎じた汁で糊を作り梧子大の丸剤。紅花湯で30丸飲む。
◎月経が止まり、血塊があって痛む者。

 

無比山薬元《東醫寶鑑》
「五味子6両、肉蓯蓉4両、菟絲子・杜仲各3両、山薬2両、赤石脂・茯神・山茱萸・巴戟・牛膝・沢瀉・熟地黄各1両」粉末にし蜜で梧子大の丸剤。    温酒or米飲で70~90丸飲む。
◎虚労を治し、腎を補う。
◎諸虚・百損・五労・七傷を治す。

 

無名異膏《中薬臨床応用》
「無名異15g、大黄30g、竜脳1g」細末にしワセリンor蜂蜜で軟膏にする。
◎打撲捻挫の疼痛に外用。

 

無憂散《婦人大全良方》《古今方彙》
「当帰・川芎・白芍薬・枳殻・乳香各3銭、木香・甘草・髪灰各1銭半」作末し毎回3銭、水煎。
 ◎胎衣出でず、腹痛を作し、手にて按じて痛みがやや緩むを治す。


 

務成子営火丸《東醫寶鑑》
「雄黄・雌黄各2両、蛍火・鬼箭羽・蒺藜子・白礬焼各1両、羚羊角(鍛)・竃灰各2銭半」作末し卵の黄身に雄鶏冠血を入れて、杏仁大に丸め三角袋に5丸入れて左肩にさげ、門にぶらさげておく。
◎瘟疫の悪気と百鬼・虎狼・蛇虺・蜂萬の諸毒を除く。