ヒトの細胞から同じ構造の皮膚をつくる

理化学研究所と東京理科大学のチーム

皮膚や筋肉に育つヒトの線維芽細胞をコラーゲンに混ぜ、表皮の細胞を加えて培養した。

すると、「自己組織化」が起きて、角質や表皮など6層が積み重なった皮膚組織ができた。

この皮膚組織の保湿能力を調べると

洗剤などに使う界面活性剤をつけると下がり、コラーゲンを加えるとアップした。

 

2017年04月03日